%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%89 %E5%AD%90%E4%BE%9B%E6%9C%8D %E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%83%E3%82%8C

右側が頭側になっています。新しい紐を位置を変えて差し込みます。1.5cmくらい上げています。これは、襟の緩み具合によって位置が変わります。より変えた方がピッタリしますが、あまり離すと紐の位置がアンバランスになってしまいます。 右側が頭側になっています。新しい紐を位置を変えて差し込みます。1.5cmくらい上げています。これは、襟の緩み具合によって位置が変わります。より変えた方がピッタリしますが、あまり離すと紐の位置がアンバランスになってしまいます。 風船に毛糸などの糸を巻きつけて作る「String Ball(Yarn ball)」は、一見難しそうですが、実はとっても簡単に作ることができるんです。ランプシェードにしたり、ガーランドやモビール、オーナメントとして吊るしたり。大きさや色によって、いろんな活用方法があるんですよ。 ①麻ヒモを使って「エスニック風・ランプシェード」を100均diy! 一つ目の材料は古雑誌を縛るときなどに使う麻ヒモ。ナチュラルテイストな見た目を利用してエスニック調のランプシェードを目標に制作します。 <作り方> 麻の加工は、古よりいろいろな工夫をされ いろいろな加工技術が開発されてきました。 科学的処理の最も古いものは 麻を硫黄に漬けて脱色し柔らかくする技術だったようです。 この方法は、今でも田舎でおこなわれている麻の加工方です。 ③糸にロウを染み込ませる。 クッキングシートを開いて、ロウが溶けた部分に紐を乗せます。 (糸が赤だと染み込み具合が分かりにくかったので、色を変えました) ロウが偏って溶けていますが、今は気にしなくて大丈夫です。 編んでいる途中で糸をつなぐときって、結んだところがほどけてきたり、結び目が大きくて目だったりして困ることはありませんか?結び目が小さくてほどけにくい方法を動画… ミサンガは、刺繍糸やヘンプを使って編む組み紐のことです。簡単に作れるミサンガの作り方や編み方を集めてみました。また、ミサンガの意味や結び方、付ける場所もご紹介しています。 3.麻ロープの切り取った端面のほつれ止めには、固定ストラップを使いました。ほつれ止2017年11月:5年経過してボロボロになった麻ロープを一部交換しました。記事キャットタワーのメンテナンス(麻ロープの交換)はこちらです。 先日買ったトラベラーズノート。暇さえあれば眺めてます。 トラベラーズノート ブルーエディションを購入しました。これは良い!【画像レビュー 】 リフィルについての記事なんかも書いたりしました。 トラベラーズノートのリフィルと装着方法。連結バンドの使い方 綿麻キルトガウンコートなら、愛着を持ってずっと使いたいモノを集めたセレクトショップ、ZUTTO「ズット」。愛着をもって長く使ってもらえるモノはギフトにも最適です。 輪の方を下に折ります。 輪の中に2本のひもを通し、引き締めます。 結びひもを上側から入れて結ぶと③のつけ方の裏面が表に出ます。 ねじり結び. 大麻の精麻から、素朴な技法ながら精巧な紐縒りや、糸績みをしている ご近所の友人、チカ・ノッチさんをゲスト講師に迎えてのひとときです。 「国産大麻の繊維・精麻(せいま)から1本縒りと2本縒りのひもを作ります。 前回は「初心者でも簡単!かぎ針編みのスクエアモチーフ -無料編み図とアレンジ小物の作り方-」をご紹介しました。 今回ご紹介する「麻ひもで編むかご」は、ほぼ細編みだけで編めるのでとても簡単です。 サイズも底の直径約15㎝とそんなに大きくはないので、すぐに完成します。

Contact

 

LINE Contact