%E9%AD%82 %E8%8B%B1%E8%AA%9E %E9%A1%9E%E8%AA%9E
ほとんど がありません。 このフレーズは空いている席などの数がほぼない時にピッタリですよ。“hardly any”は英語で「ほとんどない」という表現なんですよ。 空欄にはそのものすごく少ない物の名詞を複数形にして入れてくださいね。 There are hardly any . [ever(AT ANY TIME)の項] few if any = probably none、rarely if ever = probably never という言い換えはわかりやすいですね。 元々は場所・職業・階層などの変動しやすさのことを指していました。 しかし現在では、主に it分野で情報機器や通信サービスなどが外出先でも普段通りに利用できること を モビリティ と言います。. ※ 複合関係代名詞の言い換え(名詞節を作るパターン) 複合関係代名詞は別の語句を用いて表すことができます。 「複合関係代名詞=any ~+関係代名詞」 という公式があります。 先ほどの例文を言い換えてみましょう。 Ex) I will invite anyone who wants to come. She notices hardly ( ) differences in their pronunciation.

[ever(AT ANY TIME)の項] few if any = probably none、rarely if ever = probably never という言い換えはわかりやすいですね。 例文帳に追加 リムとのズレが生じにくく、しかもリムへの取り付け時にトラブルが生じにくいタイヤ30の提供。 「hardly any ~」で「~がほとんどない」という意味になります。He had hardly any money then.その時、彼はほとんどお金を持っていなかった。There is hardly any time left.残り時 He hardly ever (=almost never) washes the dishes and he rarely, if ever, (=probably never) does any cleaning.

英語には、always (いつも)や sometimes (ときどき)、 never (全く~ない) など、頻度を表現する副詞が沢山ありますよね。このように「頻度」を表す副詞は、16種類もあるんです。16種類の英語の副詞をおさらいしましょう。 He hardly ever (=almost never) washes the dishes and he rarely, if ever, (=probably never) does any cleaning. "The difference is hardly noticeable." ① any ② not ③ few ④ no →②〜④にはそれ自身、否定のニュアンスがあることに気づいたでしょうか。“hardly” はそれ自身が否定語に相当する準否定語で、anyと呼応します。したがって、①が正答です。 簡単に言うと、以上の内容がhardly everとhardly anyの違いです。どちらも「ほとんど~ない」と訳すことができますが、hardly everは「頻度の少なさ」で、hardly anyは「量の少なさ」を表す時に使います。 "There is hardly any difference." 「I love you, no matter what happen.」(なにが起きたとしても君を愛しているよ。)。ネイティブが日常的によく使うフレーズなので、覚えておくと、英語を「知ってる」風をよそおえる、かっこいいフレーズです。うまく使いこなしてネイティブに一歩近づきましょう。 used to mean that there is very little difference between two things worth mentioning. “There is” “There are” を使えば、「(物)がある」や「(人)がいる」など、その存在を伝えることができます。覚えてしまえば使いやすい便利な表現ですが、いくつか気を付けなくてはいけない点もあります。“There is (are)” の使い方をマスターしましょう。 モビリティ とは、 動きやすさ のことです。. 「hardly any」・・・「極めて少ない」数や量の少なさを表す. To provide a pneumatic tire 30 in which any deviation from a rim hardly occurs and any trouble hardly occurs when the tire is mounted on the rim. can be used formally or informally to say that if there are any differences between two things, it's hard to see them.

Contact

 

LINE Contact