%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%9E %E6%B0%B4%E7%85%AE %E5%86%B7%E5%87%8D
正しい電話の受け方・電話対応の仕方・電話応対マナー。会社職場での社外・社内電話の言葉遣いや敬語、受け方の手順・マニュアル(受け手はもしもしは使わない?名前を名乗る?家では?)、不在の場合やクレーム電話の対応とビジネスマナー、迷惑電話・勧誘電話の対処法を紹介。 電話を受けた際は、まずはこちら側から名乗るのがマナーです。 「はい、 商事でございます」 「お電話ありがとうございます、 商事でございます」 などと名乗ります。また、「 商事の××でございます」などと自分の名前をつけても良いです。 2、電話がつながったら、社名と自分の名前を名乗る 3、相手が電話に出た時には、もう一度社名・名前を名乗り用件を簡潔に伝える 4、相手が不在の時は戻り時間を尋ね電話をかけ直す旨を伝える 5、先方の用件で電話を折り返した場合は、その旨を伝える ビジネスシーンにおける電話対応の仕方は、会社の印象に関わってくる。日本語、英語問わずに自分の名前を電話で名乗る際には、慌てず自信を持って話すことが大切だ。今回は英語での電話応対で自分の名前 … 現在、電話応対の第一声の名乗りが、人によってバラバラで統一したいと考えています。電話応対の時に自分の名前を名乗ることは最初と最後の両方必要でしょうか。この質問は、教職員向け:電話応対マナー講座を受講された先生から頂いた質問です。 電話で名乗らない人への対応は、どうすればよいのでしょうか?そこで、失礼にならない聞き方の例をご紹介します。また、心掛けるべきポイントもお伝えしますね。電話で名乗らない人への聞き方を参考にして、丁寧な対応をしていきましょう! 仕事に少しずつ慣れてきたものの、「電話応対だけは難しい…」と頭を痛めていませんか。しかも、「電話をかけるときのドキドキする心臓の音!周りに聞こえていないか…」と思うくらい緊張しますよね。

Contact

 

LINE Contact