line %E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E7%94%BB %E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB %E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%83%E3%82%8C

12月の還付は12月分の源泉分のみ(給与や賞与分)の還付になると思います。 還付金を会社で受取る方が経理的には楽のような気がします。 所得税ですから預り金処理をしていると思いますのでそのまま預り金のマイナス処理で問題無いと思います。 個人事業主が困惑しがちな源泉徴収を考慮した請求書の書き方などを中心に、源泉徴収について解説しますそもそも個人事業主は源泉徴収されるの?実は業種によって決まります。また源泉徴収する側になる場合もあります。する側についても簡単に説明します 法人税申告書の別表の書き方について質問です。前期赤字でしたので、受取利息の所得税5円と地方税2円が今期に還付されました。その際、仕訳では雑収入で処理しました。別表5(2)と別表4と別表5(1)に記載はどのようにした… 「源泉所得税の誤納額還付請求書」を提出することで、過大に納付した金額の還付を受けることができるためだ。 しかし、このミスが命取りになった店があった。あるキャバクラ店の店長が源泉所得税を2年間で700万円も過払いしていた。

所得税の申告と納税を済ませた後で、納付額が多すぎたり、還付金が少なかったりすることに気づくことがあります。こうした場合には、「更正の請求」という手続きを行うことで、納付した税金が戻ることがあります。 所得税の「更正の請求」についてみていきましょう。

質問昨年、源泉所得税の税務調査で「報酬・料金等」の源泉徴収が漏れていたとの指摘があり、追加納付をしました。もともと、所得税の源泉徴収は必要が無いと誤解していた支払いでしたので、支払金額を基本に源泉所得税額を計算し納付しました。 源泉所得税の納期の特例とは、従業員から源泉徴収した税金を半年分まとめて納付できる特例です。 納付事務が年12回から年2回と大幅に減らすことができるため、要件に当てはまるなら是非とも活用したい特例となります。 要件 「源泉所得税の誤納額還付請求書」を提出することで、過大に納付した金額の還付を受けることができるためだ。 しかし、このミスが命取りになった店があった。あるキャバクラ店の店長が源泉所得税を2年間で700万円も過払いしていた。 源泉所得税の納期の特例とは. 質問昨年、源泉所得税の税務調査で「報酬・料金等」の源泉徴収が漏れていたとの指摘があり、追加納付をしました。もともと、所得税の源泉徴収は必要が無いと誤解していた支払いでしたので、支払金額を基本に源泉所得税額を計算し納付しました。

Contact

 

LINE Contact