%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1 %E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%96%E3%83%AB %E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB

「この事件には、共犯がいるはずなんです。広島県警は、真相を、もみ消している」そう憤るのは、地元紙記者だ。闇が深い広島中央署8500万円窃盗事件問題になっているのは、2017年5月に発覚した、広島中央警察署での窃盗事件。同年2月に、詐欺事件の 2017年に広島中央署から8572万円が盗まれた事件で、広島県警が今月14日、盗難発覚後に死亡した脇本譲警部補=当時(36)=を容疑者死亡のまま書類送検し、捜査を終結させた。長期化した捜査の裏で何があったのか。これまでの取材メモから振り… 広島県警広島中央署の会計課の金庫から、詐欺事件の証拠品として保管されていた現金約8500万円が盗まれていたことが5月8日に発覚。 “警察署がドロボーに入られた事件”として注目を集めたが、その後の捜査の進展はまったく聞こえてこなかった。

広島中央警察署 約8500万窃盗事件5は爆サイ.com山陽版の広島雑談総合掲示板で今人気の話題です。「くくりゃあ~くくりゃあ~…」などなど、広島中央警察署 約8500万窃盗事件5に関して盛り上がっています。利用はもちろん無料なので今すぐチェックをして書き込みをしよう! 広島県警広島中央署の会計課の金庫から、詐欺事件の証拠品として保管されていた現金約8500万円が盗まれていたことが5月8日に発覚。 “警察署がドロボーに入られた事件”として注目を集めたが、その後の捜査の進展はまったく聞こえてこなかった。 広島中央警察署で2017年5月に発覚した、証拠品として保管されていた現金約8500万円の巨額窃盗事件に進展があったようです。 窃盗事件後に死亡した当時30代の男性警部補が事件にかかわった可能性が高いとのことで、しかも自殺ではないようですね。 1:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2019/02/05(火) 09:30:13.22 ID:oB02jgY90 おととし広島中央警察署から盗まれた、事件の証拠金およそ8500万円を 広島県警が警察関係者で補填する方針を固めたことが、捜査関係者への取材でわかりました。 広島県警広島中央署の多額窃盗事件で、県警は14日、事件発覚後に死亡した脇本譲・元警部補を容疑者死亡のまま、窃盗、建造物侵入などの容疑で書類送検しました。これで事件の幕引きを図ろうとする警察。怪しい点が多々ありますが、見ていきましょう。 警察署で多額の現金が盗まれた広島中央署の盗難事件は、発覚から1012日目で区切りを迎えた。広島県警が14日に窃盗などの疑いで書類送検したのは、発覚当初から捜査線上に浮かんでいた脇本譲警部補=当時(36)。9千万円もの現金が署内で保管され… 新着情報. 昨年5月、広島市中区の広島中央署で、証拠品の現金8572万円が盗まれたという興味深い事件(下記引用)は、その後、どうなったのでしょうか。ニュースがあったときは、誰しも「何で警察署の金庫から盗まれるの?」「盗むことのできる人間って、内部の人で 広島県警は、真相を、もみ消している」そう憤るのは、地元紙記者だ。問題になっているのは、2017年5月に発覚した、広島中央警察署での窃盗事件。 発生当初から「警察の裏金作りの為の内部犯行では?」と指摘してきた広島中央署の8572万円窃盗事件ですが、結局不審死した警部補を死後書類送検して事件の幕引きを図ったようです。広島中央署8572万円窃盗事件 県警が警察官を容疑者死亡のまま書類送 広島中央警察署ミニ広報紙 2020年6月2日; 交通事故発生件数(広島中央警察署管内) 2020年5月29日 広島中央警察署 メールマガジン配信状況 2020年5月26日; 犯罪発生状況(広島中央警察署管内) 2020年5月11日 本通交番の一時移転について 2020年4月24日 広島中央警察署で8572万円が盗まれた事件は、自宅で死亡していた30代の警察官による犯行だったとしているが、2月22日の長周新聞によると、真犯人は「3人の共犯」という説があるという。事件が発覚して以後、広島県内の警察やob、地元メディアも含めた関係者に接触したという。 広島中央警察署で8572万円が盗まれた事件は、自宅で死亡していた30代の警察官による犯行だったとしているが、2月22日の長周新聞によると、真犯人は「3人の共犯」という説があるという。事件が発覚して以後、広島県内の警察やob、地元メディアも含めた関係者に接触したという。 発生当初から「警察の裏金作りの為の内部犯行では?」と指摘してきた広島中央署の8572万円窃盗事件ですが、結局不審死した警部補を死後書類送検して事件の幕引きを図ったようです。広島中央署8572万円窃盗事件 県警が警察官を容疑者死亡のまま書類送 広島県警広島中央署で2017年、金庫から広域詐欺事件の証拠品の現金約8500万円が盗まれた事件で、県警捜査3課は14日、窃盗などの容疑で、事件後に病死した元同署生活安全課の男性警部補・脇本譲容疑者(当時36)を容疑者死亡のまま広島地検に書類 広島中央警察署で2017年5月に発覚した、証拠品として保管されていた現金約8500万円の巨額窃盗事件に進展があったようです。窃盗事件後に死亡した当時30代の男性警部補が事件にかかわった可能性が高いとのことで、しかも自殺ではないようですね。

Contact

 

LINE Contact